注文住宅メーカーを選ぼう

2014年の4月の消費税率8%に引き上げられる前の駆け込み需要が、いろんな業界で起きています。人生の中で大きな買い物の1つが居住用建物と呼ばれている住宅の購入です。住宅を扱う大手ハウスメーカーでは消費税率の引き上げ発表後も住宅の受注の落ち込みが少なくなっているのが現状です。これもハウスメーカーで国の減税措置などを盛り込んだ説明などが功を奏しています(関連サイト:メンズファッション選びの決定版!)。

住宅の購入の理由として、消費税率の引き上げに影響をだいぶ受けているようで、駆け込み需要が住宅の販売を伸ばしている結果となっています。住宅の販売の中で注文住宅は、需要が高まっている状態ですが理由としては、2世帯住宅などの1世帯のみの住宅とは違い2世帯もしくは3世帯の住宅を購入する人が増えているからです。

注文住宅のメリットとしては、設計を自由にできることが大きなメリットといえます。他にも建売住宅と違い必要のない設備については採用しないことができます。したがって、自分で希望する住宅を建てることができるので、2世帯住宅や3世帯住宅が可能となると同時に不便な住宅とならないのが大きな特徴です。建売住宅の場合には、あらかじめ間取りなどが決められているため後から間取りの変更が出来ないのが注文住宅と大きく違うところです。

また、注文住宅の場合には将来の生活の変化を考慮した住宅設計を自由に行うことができるメリットがあります。自宅の設計を自由に行うことで設計料や建築費自体が高額となることがありますが、その負担分を2世帯住宅にすることで建築費の負担を軽減することが可能となるからです。

金銭面的な負担軽減も採用する建築設計によっては注文住宅の大きなメリットといえます。 しかし、メリットだけでなくデメリットも注文住宅では発生します。それは、住宅の設計が自由なため完成した実物を見ることが難しい事です。

これは建売住宅と大きく違うことになります。注文住宅は建築期間が建売住宅よりも長くなります。また建売住宅の様に完成している住宅をすぐに購入することができません。このようなデメリットがありますがそれ以上に素晴らしいメリットが注文住宅にはあるので、注文住宅の需要があります。

注文住宅を希望するならばまずは、注文住宅のメーカーを選ぶことから始める必要があります。注文住宅では、選ぶハウスメーカーによって注文住宅の完成も変わってきます。それはハウスメーカーによって建築される注文住宅にはこだわりとなる独自の技術と呼ばれているものがあるからです。ハウスメーカーによる独自の技術を最大限利用できるのが注文住宅といえます。それは、建売住宅と違い希望する独自の技術をお客の希望によって金銭的な制約がなく提供することが可能だからです。多くのハウスメーカーが日本では注文住宅を販売しております。そのハウスメーカーの中で積水ハウス、クレバリーホーム、無印良品の家とタマホームについて、次のページで紹介していきます。

話題のサイト:強い家を建てよう!仙台の注文住宅ガイド